二日酔い 対策 サプリ

二日酔い対策にはウコン配合のサプリメントが効果的!?

お酒を飲むとアルコールを分解するために、体内の水分と栄養が消費されます。

 

体内の水分が減ると、アルコール分解ができなくなり頭痛や吐き気などの二日酔いになります。

 

そのため、二日酔いにならないためにも水分補給と栄養を補給することが二日酔い対策につながります。

 

スポーツドリンク

二日酔いの対策でもっとも効果的な飲み物は、スポーツドリンクです。

 

スポーツドリンクは、体へ吸収しやすいようにできているため素早く不足した水分と栄養を補給することが可能です。

 

お酒を飲みながらスポーツドリンクを飲むのもいいですし飲み終わった後に飲んでもいいです。

 

もし、二日酔いで頭痛や吐き気がしたときもスポーツドリンク飲めば回復が早まります。

 

果汁ジュース

果汁ジュースは、ビタミンが豊富なのでお酒を分解して消耗した栄養素を補うことが可能です。

 

とくに、、、

 

・トマトジュース
・オレンジジュース
・オレンジジュース

 

この3点が効果的と言われています。

 

ミキサーで果汁ジュースを作ったほうが栄養が豊富ですが、コンビニでも販売してるので手軽に入手することができます。

 

コーヒー

コーヒーに含まれるカフェインは頭痛を和らげる効果があるとされています。

 

ですが、カフェインは利尿作用もあるので体内の水分が不足していると
逆効果なので水やスポーツドリンクも一緒に飲むようにしましょう。

 

味噌汁

味噌汁にはミネラルと塩分が含まれているので、アルコールの分解の手助けをしてくれます。

 

味噌汁の具はタウリンが含まれるしじみを選ぶといいでしょう。

 

タウリンとは、肝臓の機能をサポートしてくれる栄養素で魚介類(イカ、タコ、貝類)に多く含まれます。

 

まとめ

二日酔い対策をする飲み物で覚えておきたいことをまとめると、、、

 

スポーツドリンクで不足した水分と栄養を補い、味噌汁を飲むんで締めるのがいいでしょう。

 

カフェインは頭痛を和らげる効果がありますが、利尿作用があるので注意しましょう。

 

二日酔いの症状〜頭痛、下痢・吐き気・めまい、熱について

セーブしていたつもりなのに、翌日の朝起きたら、ズーンと重い頭の痛みで目覚めてしまう二日酔い。

 

二日酔いで感じることが多い症状から、こんな症状までというものまで、一挙にまとめてご紹介します。

二日酔いによる頭痛

二日酔いで感じる症状のうち、最もポピュラーな症状が「頭痛」でしょう。
ただし、頭痛と一口に言っても人によってその感じ方には個人差があります。

 

頭重感といった、頭が重い感じや違和感を訴える人もいれば、ズキンズキンと血管が脈打つような痛みを感じる人もいます。

 

痛みの強さもそれぞれで、激痛に近い頭が割れそうな強い痛みを感じる場合もあります。

 

さらに、人が話す声、自分の声や周りから聞こえる音が頭の中で響いてしまい、ガンガンするという人もいるでしょう。

 

また、頭痛を感じる部位も人それぞれです。

 

頭全体の痛みや重みを感じる人もいれば、コメカミが痛むという人もいたり偏頭痛のように片側だけが痛むと言う人もいます。

 

二日酔いによる下痢・吐き気・めまい

続いて二日酔いで感じる症状として「胸焼け」・「吐き気」・「下痢」・「食欲不振」などがあげられます。

 

いずれも胃や腸といった消化器系に異常を感じることが多く見られます。

 

実際に気持ち悪さから嘔吐を繰り返し、最終的に胃の中が空っぽなり黄色っぽくて苦い胆汁が出ると言った人もいます。

 

二日酔いの程度にもよりますが、嘔吐すると楽になる人もいれば、1日中これらの症状を引っ張る人もいます。

 

水分不足による脱水症状などに気をつける必要があるでしょう。

 

めまいに関しては、頭を動かすとぐわんぐわんと目がまわったり、気持ち悪くなるような症状が現れます。

 

何も欲しくないと食欲が沸かない状況に陥る人も少なくありません。

 

二日酔いによる発熱

最後にご紹介するのは、二日酔いでこんな症状がというような症状です。

 

それは「発熱」です。

 

微熱程度で終わる人がほとんどです。

 

ただし症状によっては微熱以上に熱があがってしまうこともあるので、そこは要注意です。

 

アルコールは肝臓で処理されます。

 

ですが、多くのアルコールを摂取したことで肝臓の処理機能が追いつかなくなり、熱が出るというのは考えられる症状です。

 

熱と関連した症状でいえば、喉が異常に渇いてしまったり、身体がほてって熱いと感じることもあります。

 

また、ほてりとは逆に寒気を感じる場合もあります。
二日酔いによって引き起こされる様々な症状をご紹介してきました。

 

二日酔いはお酒が弱いからといって起こるわけではありません。

 

たまたまその日体調不良であったり、疲れがたまっている、前日睡眠が取れていないといった睡眠不足で飲酒をすることでも、引き起こされるものなのです。

 

即効で二日酔いの治し方〜水分補給、シャワー、点滴が効果的!!

二日酔いがいつまでも続くと当然身体もだるいままで、何かをやっていても効率も悪いものです。

 

出来るだけ早く二日酔いを解消させたいそんなあなたに即効性のある治し方をご紹介します。

 

即効性を望むなら水分をとにかく取る

二日酔いを治す方法として水分を取る事が有効であることはよく言われます。

 

とにかくしっかりと水分補給する事が非常に大切です。

 

利尿作用をもたらし、アルコールを外に出すだけならお水でも問題ありません。

 

しかし、大抵二日酔いはアセトアルデヒドがもたらす吐き気などの症状も一緒に起こる事がほとんどです。

 

そこで、吸収性の良いスポーツドリンクか果汁100%のジュースが効果的なのです。

 

オレンジやグレープフルーツ、レモン、アセロラなどにはクエン酸が含まれており、疲労性物質の代謝も促します。

 

また、苦手でなければ、トマトジュースも最適です。

 

クエン酸だけでなくグルタミン酸も含むため
胸の辺りのむかつきをスッキリさせてくれますよ。

 

即効性のある二日酔い解消を望むのであれば、果汁のジュースを含んだ水分をとにかくしっかりとることです。

 

熱いシャワーで即効性のある二日酔い対策

次にご紹介する即効性のある二日酔い対策は「シャワー」を浴びることです。

 

通常お風呂をはじめとするシャワーはぬるめが良いと言われますが、二日酔いのときは少し違います。

 

身体から汗をかき、それによって代謝や血流をあげることでアセトアルデヒドが分解されるのを促進させるからです。

 

また、頭もスッキリさせてくれるため仕事などに出かけないといけない場合はこの方法が最適でしょう。

 

シャワーを浴びる前には水分をしっかり補給することも忘れないでくださいね。

 

注意点としては体調があまりに悪いときなどは逆効果になることもあるので、無理は禁物です。

 

速効で治したいときの点滴

少しでも早く二日酔いを治したい!そんなときは点滴をすると速効性があります。

 

点滴では何をするのかというと、ブドウ糖液を直接血管に入れていくのです。
そうすることによって早い段階で身体の中のアルコールの濃度を下げる事ができます。

 

これはブドウ糖を直接血管に入れることでアルコール分解に必須である糖分と水分を同時に補給するからです。

 

基本的に点滴は病院で行いますが最近ではクリニックや点滴カフェなどもあるので気軽に利用できますね。

 

二日酔いを速効で治したいそんなときの最終手段は点滴です。

 

しかし、水分補給をしっかり行うことやシャワーも即効性が見込めます。
それぞれを組み合わせて上手に二日酔い対策を行いましょう。